コラム

シロアリ対策自分で出来ますか?

2015.12.22

大切な住宅に被害をもたらす虫にシロアリがいます。実際にシロアリ被害にあい、駆除した後、シロアリ対策に気をつけているという方も多いと思います。シロアリは人目につかない床下、壁内部、屋根裏などに棲みつき、住宅に使用されている木材を食べてしまいます。更に、木材だけでなく畳や書籍、プラスチックや柔らかくて薄い金属、コンクリートなどもかじってしまいます。
シロアリは体がとても小さく、わずかなコンクリートのひび割れやつなぎ目があれば建物内部に侵入してしまいます。木造住宅ではないからといって安心はできません。鉄筋コンクリートの物件であっても建物内部には床や柱など木材が使用されている場合があるので、油断せずにシロアリが侵入してくる恐れはあると思い、シロアリ対策をすることをおすすめします。
では、被害にあう前にシロアリ対策をしたい、すでにシロアリに侵入されてしまった時はどのようなシロアリ対策をとればいいのでしょうか。シロアリは暗くて湿気の多い環境を好みます。部屋の換気をこまめに行い、湿気がたまらないようにすることが肝心です。部屋だけでなく、クローゼットや押し入れの中も忘れてはいけません。たまにはクローゼットや押し入れを開けっ放しにすることもシロアリ対策になります。
他には駆除薬品を含ませたエサを置くというシロアリ対策があります。この方法は、シロアリのコロニー全体を駆除し、巣まで駆除できる可能性が高いです。殺虫剤のように臭いがきついこともなく、人や植物に悪影響を及ぼすことがないというメリットがあります。しかし、シロアリが脱皮をする時に効果を発揮するため即効性がないというデメリットもあります。また、定期的に点検、交換をしないと効果が薄くなります。
このように自分でできるシロアリ対策もありますが、シロアリ被害を必ず食い止めるわけではありません。自分の手に負えないと思ったら早めに業者に相談されたほうがいいでしょう。