コラム

スズメバチはどれだけ危険なのか?

2015.12.22

通常のハチだけでなく、スズメバチが駆除されているケースもあります。皆さんのなかでも、多くの人がスズメバチの名前を聞いたことがあると思いますが、スズメバチはどのようなハチなのでしょうか。スズメバチは日本に生息するハチの中ではかなり大きいハチで、非常に凶暴な性格をしていることで有名です。他の昆虫を襲って、幼虫の食料にしていますが、人によく攻撃をするのも大きな特徴だといえます。
スズメバチはおしりに鋭い毒針を持っていて、その毒針から非常に強力な毒液を出すのです。他の昆虫を捕獲する際に使われる毒針ですが、人に攻撃する際にも使われ、毒液は人の生命を脅かすほど強力な毒を持っています。スズメバチに刺されると、刺された箇所が痛みとともに腫れ上がりますが、スズメバチに刺されたとき、特に恐ろしいのは、アナフィラキシーショックです。
アナフィラキシーショックは、ハチの毒に対する抗体が、ハチの毒に対し強いアレルギー反応を示すことです。複数のスズメバチに刺されたり、過去にスズメバチに刺された人が発症することがあり、じんましんができたり、呼吸障害や意識障害を起こし、最悪の場合、死に至ります。
このようにとても恐ろしいスズメバチですが、近年は都市部に勢力を拡大し、人家に巣を作ることが多くなっています。しかし、むやみにスズメバチを駆除しようとしたり、スズメバチの巣を撤去するのは非常に危険です。スズメバチを駆除するためのスプレーなどが市販されていますが、スズメバチは巣に近づくと、容赦なく襲いかかってきますので、DIY感覚でスズメバチの駆除を試すのは絶対にやめましょう。とても危険なスズメバチの駆除は、当社まで、一度ご相談下さい。当社では専門のスタッフが高い技術と専用の装備を用意して、スズメバチを駆除いたします。